1 腹式呼吸で女性ホルモン増量!

本当は息吹という女性ホルモンには濃い関わりがあるんです。

あなたは、腹式呼吸できていますか?

女性ホルモンを合成する酵素は、細胞の中のミトコンドリアという臓器におけるんだけど、私たちの息吹が浅いと十分な酸素がミトコンドリアに届かないんです。

単純に考えても、酸素不完全で質の良いホルモンが作れるワケがありません!

ミトコンドリアが呼吸困難にならない為に、もうすぐ伝授する腹式呼吸法を取り入れてみてくださいね!

1.背筋を伸ばして椅子に浅く陣取る

2.胴に意識を集中して、へこませながら口からゆるゆる呼吸を吐き出す

3.胴を膨らませながら、鼻からゆっくりと呼吸を吸う

4.ゆっくりと吐く・吸うをセットで5~10回増やす

腹式呼吸は体に新鮮な酸素を取り入れて得る大切な息吹法だ。

インナーマッスルを鍛え上げる効果があるので、胴まわり、ウエストまわりのシェイプ効果も期待できますよ!

もしも腹式呼吸が難しく思えるのなら、寝転んでやってみて!絶対に腹式呼吸ができるはずです。

2 寒気は女性ホルモンの天敵!

メニュー以外にも女性ホルモンの分泌を支えるものはたくさんあります?
その一つに「寒気を解消する」ことがあります。

体が冷えるってことは、ボディー・ビューティー・心にとって良いことなんて一つもないんです。

寒気で、血行が悪くなる事により体のスペックは取り除けるし、痩せ辛い体になるし、耐性だって体温が1ごと後ずさるだけで30%もダウンするっていわれています!

もちろんミルク増量も期待できません。

体をあたためるだけで、急に女性ホルモンが増えたり、バストが大きくなることはないけれど、ミルク増量のための養分をさまざま運べたり、女性ホルモンのバランスを整える輔佐をしたりという間接的には思い切り役に立つんです。

刺々しいものの食べ過ぎに注意して、夏場もシャーワだけですますのではなく風呂にじっくり浸かって体から寒気を追い出すように心がけましょう?

暑い夏は飲みたくなりますが(>_<)氷が入った白々しい飲物も本当は寒気の天敵なんですよ!

 

女性に大切なバスト。

バストでなやんでいませんか?

バストアップサプリメントの比較詳細を一度見てみてください。

バストで変わるあなたの人生

 

3 良質な快眠でホルモンバランスを整える

快眠は体にとりまして重要な値打ちがあるんです。

それは昼間の集中で感じた疲労、挑発の放出や細胞の恢復、復元までを睡眠中に一律行っているからです。

たった寝るだけじゃなく、快眠のクォリティを上げることが女性ホルモンをアップさせるためには本当はいとも絶対!

しっかり質の良い快眠がとれた朝方ってお肌にハリがあって白い!そうして体が小気味よい~って実績ありますよね?

とことん考えたら本当は生涯の3分の1は快眠ですよね。快眠手法は再びすばらしく生涯を送るためにも大事にしたいですね。

【理想の快眠時は?】

理想の快眠時間は個人差があるものの、約7.5時だと言われています。

快眠のクォリティを決めるステージは、昼過ぎ10機会~翌朝方2機会がゴールデンタイム。

忙しい日々で、昼過ぎ10機会なんて眠れない…という個人は、少なくともその日中には熟睡できているように布団に入る事をオススメします!

【快眠境遇をいじる】

質の良い睡眠をとるためには、快眠境遇を備えることもいのち。

マットレスや枕などの寝具、パジャマなど、あなたが使い思いのよさを感じるものに入れ替えることも女性ホルモンのためには大切なことだ。

入眠を促す楽曲をかけたり、アロマオイルのエッセンシャルオイルを漂わせるのもフェチだったら効果的です。

【睡眠1時前の過ごし方】

就寝前1時の過ごし方で、質の良い快眠を取れるかどうかが変わってきます。

最近では寝入るスレスレまでケータイを見続ける人が多いけど、光を浴びるといった脳が励みにあたって快眠のクォリティを悪くすると言われています。

女性ホルモン増量の為にも、寝入る直前のPCや布団に入ってスマフォを見るのはやめましょう!
脳が覚醒して不眠症の原因にもなりかねません!

座敷の輝きも些か落とし気味にやる方がいいですね。

また、お風呂は38~40ごとのリラックスできる気温での入浴を済ませて、軽くストレッチングするのもおすすめですよ。

深部体温が下がるあたりに眠気を感じるので、めざましいエクササイズや熱いお風呂は控えめに。

そうして翌朝、日射しで目覚めるために、細かい事ですがカーテンを10cmだけ開けて眠りましょう。翌朝楽しく朝日を浴びて起こることが出来ますよ。

【快眠のクォリティを引き上げる朝方時の過ごし方】

快眠というと夜のイメージがあるけれど、朝方の過ごし方でまとまると言っても過言ではありません。

夜間ぐっすり眠りたいなら、起床後者一気にカーテンを開けて日射しを浴びましょう。遅くても半以内には光を浴びてみて。

その後は湿気を填補して果実や野菜たっぷりの朝食を摂り、体を目覚めさせて活動的な一年中を話しましょう!

そうすることで、幸ホルモンですセロトニンがたっぷり分泌されるんです。

セロトニンは、分解されると安眠物質のメラトニンに変化して夜の快眠インパクトをもたらします。

4 憂さ晴らしでヒーリング!

自律癇の均衡が乱れると、女性ホルモンをコントロールする視床下部が賢く働けないことに。

挑発や緊張状態が続くと自律癇の均衡が壊れるので、憂さ晴らしやリラックスすることは女性ホルモンにとっても大切なことです。

現代社会で挑発を感じないことはしんどいけれど、挑発をこまめにあて溜め込まないようにしましょう!

軽々しいストレッチング
楽曲を聴く
リーディングをする
アロマオイルを楽しむ(風呂時刻に活用してもgood!)
ハーブティーを飲み込む

 

【女性ホルモンをアップさせるハーブティー】

カフェインが快眠を妨げるのは有名な話です。眠る前に何か飲物を…からにはノンカフェインでリラックス効果のあるハーブティーがきっちりグッド!

☆カモミール・・・全能と言っても過言ではないくらい、さまざまな効果が期待できるハーブティー。ヒーリングインパクトも激しく、快眠に導いてくれます。単品で呑み辛いという個人は、ペパーミントとのミックスもおすすめですよ。

☆ローズ・・・ホルモンバランスをとるハーブ。単品で飲むと言うからその他のハーブティーとのミックスがグッド。ローズヒップやハイビスカスとのミックスもgood!

☆セージ・・・エッセンシャルオイルが辛く、少量で効果があるのでブレンドするなどして控えめな需要がグッド。料理に選べることも多いですよ!

【アロマオイルを風呂時刻に用法】

重曹あるいは塩分適量に、アロマテラピー用の香り(精油)を1~5滴落としてするどく取り混ぜます。

それを風呂に入れ、お湯を美しくかき混ぜて入浴行なう。

スチームとともに立ち上るエッセンシャルオイルは、嗅覚から大脳に分かり自律癇を触るインパクトが有能。

また、表皮からもアロマオイルの根源が吸収されるんですよ!

女性ホルモンに効果的な香り

ローズオット
ネロリ
クラセージ
ジャーマンカモミール
ゼラニウム

ローズオットーやネロリ、ジャーマンカモミールは高価なオイルだけど、女性ホルモンだけじゃなくビューティーインパクトも有能。

クラリセージはエストロゲンものの働きをするスクラレオールという根源があるんです。

ゼラニウムは手法に取り易いお値段でありながら、根源がローズオットーに似ているのでこちらもグッド!

いずれも100均のオイルは根源がふと・・・100均のオイルはやめて、アロマショップで絶対天然のものを選んでくださいね!