PMSの原因とは

PMSは、月経前症候群などで、メンスが始まる約2週前から出る心身の症状のことを指し、メンスが始まるといった軽々しくなったり自然に治まるのが特徴です。

原因は依然としてちゃんと調査されていないようですが、次の3つが要素と考えられています。

1、プロゲステロン(黄体ホルモン)の魅了

排卵から生理前に分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響により、脳気持ち物や水分新陳代謝が変化するためボディが不安定になると言われています。

2、脳気持ち物の落ち込み

排卵後に卵胞ホルモンの分泌が鎮まり、脳気持ち物のセロトニン(歓びを感じる物)が急激に低下する結果。後ろ向きなポリシーを引き起こすと言われています。

3、ビタミンといったミネラルの不十分

PMSの病態が広く生じるひとは、ビタミンやミネラルの微量栄養素が不足している状態であると言われています。タバコ(ビタミンCを山盛り支払いしてしまう)や飲酒、甘いものをどしどし召し上がる方も病態が重くなりやすいだ。

昨今邦人に多いのは、「高エストロゲン低プロゲステロンタイプ」のPMSで、精神的に落ち込み易く、メンスが重くなるのが特技のようです。

プロゲステロンが収まるといった相対的にエストロゲン優位の状態になり、うつ病態や疲労、気苦労、ウェイト上昇、食欲のリザーブ、不眠症などの病態を起こしやすくなります。

エストロゲンを安定させるマテリアルは?

PMSの代表的な病態

PMSの病態は、体の症状として深く出る場合や、精神的に不調が出る場合もあります。また、どちらにも症状が出る方もある。

体の病態

胸のハリや痛み・眠気・便秘・下痢・吐き気・ニキビ・表情や手足のむくみ・食欲成長・不眠症・頭痛
など

心の症状

危惧・イライラする・興奮する・無気力・やる気がなくなる・メランコリーフィーリング・1やつでいたく陥る・仕事の能率が低下する
など

改善法

PMSへの結論は、病態を鎮静させることが中心となります。

体のもめごとが多いやつは…

食べ物の前進や水準なスポーツ、きちんと休息を取ることが有効です。ボディを動かして汗をかき、入浴して早めに眠るなど健康的な生活を心がけるようにしましょう。また、PMSの時期に不足しがちなビタミン・ミネラルの投薬、塩気や励み物を控えた飯を心がけるため、体のむくみや肌荒れにも矯正が見込める。この時期は甘いものが食べたくなりますが、逆効果となってしまう。

心のもめごとが多いやつは…

苛苛したり落ち込んだりするのはホルモンの行為(PMS)によるものだという認識するだけでも、心が楽になるものです。

苦しい時は深呼吸して肩の力を抜きましょう。仕事中は1時間に1回台を立つなど、意識してポリシーをヒーリングさせたり、家ではリラックスできる時間をつくり面白味を通して過ごしましょう。
また、就寝時間はきちんと確保するように心がけましょう。

どうしても病態が恐ろしい時は、抗うつ薬で矯正を行うこともあります。みずからスキームしきれないと感じる場合は、困難をせずにドクターに相談してみましょう。

但し、PMS(月経前症候群)は、20代~40代の女の誠に!8割上記が携える危険だと言われています。
あなただけではないのですよ!これ程多くの女性が耐えるのです。
毎月この時期になると・・・ボディーがだるい、重いなどの身体的なものに加えて精神的な商品も手広く 「ムシャクシャが増してヒステリックに陥る」と感じている女性が本当に多いこともわかっています。

 

おすすめーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女性の悩みの一つに「イチゴ鼻」がありますよね

顔を近くで見られると、とっても嫌な気分になります。

イチゴ鼻には、「リメリー」がいいですよ☆彡

イチゴ鼻を治して、積極的になりましょう♪

リメリーの詳細はこちらです↓↓↓

http://xn--99-ul4a9ab2is15wzbtysx.xyz/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー